/

この記事は会員限定です

巨大IT企業にどう向き合う(中)データの移転促す制度を

適正な競争 消費者に利益 石井夏生利・筑波大学准教授

[有料会員限定]

米国の巨大IT(情報技術)企業であるグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムは、頭文字をとって「GAFA」と総称される。これらの事業者は、他の事業者が商品やサービスを展開するための基盤(プラットフォーム)を提供していることから、プラットフォーマーと呼ばれている。

デジタルプラットフォームはネットワーク効果(ある人がネットワークに加入することで他の加入者の効用も増加させる効果)が高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン