TPP11、NZ残留へ 新政権、農産品輸出拡大にカジ

2017/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)加盟11カ国による首席交渉官会合が30日午前、千葉県浦安市で開幕した。消極姿勢を示していたニュージーランド(NZ)の新政権が方針を転換、11カ国の結束は保てる見通しとなった。ただ米国を含む12カ国で作ったオリジナルの合意内容をどこまで凍結するかを巡っては、なお50項目程度が未決着。11月の大筋合意へ調整はヤマ場を迎えている。

日本政府の尾池厚之首席交渉官代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]