花王、最高益下の憂い 1~9月、化粧品出遅れ鮮明
高級需要取り込めず

2017/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

花王が30日発表した2017年1~9月期の連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5%増の1377億円だった。紙おむつなど主力商品が好調で、沢田道隆社長が「高い目標」と話す通期の営業利益予想2000億円が視野に入ってきた。そんな花王の泣きどころが国内の化粧品事業だ。インバウンド(訪日外国人)需要を取り込む資生堂など競合他社に水をあけられている。

1~9月期の売上高は2%増の1兆802億円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]