自国通貨高、世界で抑制
各国中銀、物価下押し警戒 日本は円安進みづらく

2017/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界各国で自国通貨高を抑制する動きが広がっている。世界的に物価上昇の勢いが鈍いなか、通貨高だと輸入物価の下落を通してさらに物価上昇が鈍る可能性があるからだ。物価上昇を伴う景気回復がないと金融政策の正常化を進められない。欧州やカナダの中央銀行は通貨高がインフレ率を抑えているとして、暗に通貨高に懸念を示す。世界各国で通貨高抑制の動きが強まれば、相対的に円安は進みづらくなる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]