レノボ、富士通子会社に過半出資
パソコン統合合意へ 雇用維持・「FMV」継続

2017/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

富士通が中国・レノボグループとのパソコン事業の統合で最終合意する。レノボが富士通の子会社に過半を出資し、合弁事業に移行する。富士通の主力工場や販売ブランドは維持しながら、レノボが主導権を握る形で開発や販売を進める。すでにレノボと統合したNECに続き、富士通の再編形態も固まったことで、国内のパソコン市場での外資主導が鮮明となる。

富士通とレノボは2016年10月にパソコン事業での戦略的提携を発表し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]