2018年6月24日(日)

ヤマハ、普及推進へ組織 音でスムーズに情報伝達 技術を提供

2017/10/31付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

 ヤマハは外国人や聴覚障害者などへの情報伝達をスムーズにする音のユニバーサルデザインの普及に向け「SoundUD推進コンソーシアム」を設立した。参加企業・団体にヤマハが開発した技術を提供。新たなビジネスモデルやイノベーションの創出を目指す。

 コンソーシアムには現在、国内の167社・団体が参加しており、引き続き参加する企業・団体、自治体を募集する。

 提供するのは自社開発した「おもてなしガイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報