/

この記事は会員限定です

ヤマハ、普及推進へ組織 音でスムーズに情報伝達

技術を提供

[有料会員限定]

ヤマハは外国人や聴覚障害者などへの情報伝達をスムーズにする音のユニバーサルデザインの普及に向け「SoundUD推進コンソーシアム」を設立した。参加企業・団体にヤマハが開発した技術を提供。新たなビジネスモデルやイノベーションの創出を目指す。

コンソーシアムには現在、国内の167社・団体が参加しており、引き続き参加する企業・団体、自治体を募集する。

提供するのは自社開発した「おもてなしガイド」技術の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン