神鋼、業績立て直し暗雲
今期、純利益予想を撤回/中間配当見送り 不正の影響見通せず

2017/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

神戸製鋼所は30日、アルミ・銅のデータ改ざん問題を受けて2018年3月期の連結純利益の見通しを撤回した。3期ぶりに350億円の黒字転換を見込んでいたが、部品交換や賠償請求がどれだけ広がるか算定できないためだ。10円を予定していた中間配当も見送った。業績の立て直しへ多様な収益源の育成を進めてきた神鋼の戦略は見直しを迫られている。

「これから補償費用を請求される可能性があるが、現時点では読みにくい」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]