来期業績 上値の壁に
銘柄で格差、問われる選別眼

2017/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本企業の来期(2018年度)業績への懸念が一部で浮上し、株価の上値を抑える要因となっている。円安による業績押し上げ効果が今期対比では薄れそうなうえ、世界景気の先行きも見通しづらくなってきたためだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]