環境省、冷蔵設備の脱フロン支援 コンビニなど導入補助

2017/10/30付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

環境省は2018年度から、コンビニエンスストアやスーパーに対し、冷媒にフロンを使わないショーケースの導入を支援する。フロンは地球温暖化への影響が二酸化炭素(CO2)の数百倍から数千倍と強いことから、購入費用の3分の1を上限に補助し、買い替えを促す。切り替えが進めば、30年度までに国内のCO2排出量を1%減らせると見込んでいる。

今年度に補助を始めた食品倉庫用の冷蔵・冷凍設備なども含めて、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]