/

この記事は会員限定です

クルド議長退任を承認

自治政府議会 議長職は当面空席

[有料会員限定]

【イスタンブール=佐野彰洋】イラク北部のクルド自治政府の議会は29日、自治政府を率いるバルザニ議長の11月1日での退任を承認した。バルザニ氏はイラクからの独立を問う住民投票後の混乱収拾を図るため、辞任を申し出ていた。クルドメディアが報じた。

議長に集中していた権限は内閣、議会、司法に分けて委譲する。議長職は当面空席となる見通しだ。

バルザニ氏は29日、議会の退任承認を受けてテレビ演説し、「誰も我々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン