環境、中国のアキレスけん 20年に新戦略 経済成長と両立課題

2017/10/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国政府は2020年までに環境汚染を防ぐ新しい戦略を策定する。李干傑環境保護相がこのほど、新戦略の実行によって「35年までに環境を根本から好転させる」と表明した。環境配慮型の産業や金融の仕組みを普及させ、汚染対策も強める方針だ。ただ深刻な環境問題の改善には多額の資金が必要とされ、経済成長と両立できるかは2期目に入った習近平政権のアキレスけんにもなりかねない。

10月24日に閉幕した共産党大会で習…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]