中小事業承継、1000件超え 支援センター成約 後継者不足で加速

2017/10/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中小企業のM&A(合併・買収)などを仲介する「事業引継ぎ支援センター」の成約実績が2012年度から17年度上期までの累計で、1千件を突破した。中小企業では経営者の高齢化が進み、後継者不足が深刻になっている。望まぬ廃業を防ごうと、事業の引き継ぎ先を外部に求める経営者が増えている。所管する経済産業省は支援体制の拡充を急ぐ。

経産省は全国の商工会議所などと連携して各地に支援センターを設置。中小企業の外…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]