日産、不正40年前から 完成検査、制度疲労の声

2017/10/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日産自動車で無資格の従業員が完成検査をしていた問題で、同社では少なくとも1979年から無資格者による検査が続いていたことが27日、分かった。第三者を含む同社の調査チームに工場関係者が証言したという。一方でスバルでも無資格検査が発覚したが、両社で検査ミスによる事故は確認されていない。日本の完成検査の"制度疲労"を指摘する声もある。

完成検査はメーカーが国に代わって完成車の安全性を最終確認する工程で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]