リコー、インド損失 最大365億円
子会社支援打ち切り 今期、一転赤字に

2017/10/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

リコーは27日、経営再建中のインド子会社に対する追加の財政支援を打ち切ると発表した。2015年の不正会計の発覚後、リコーが債務保証などで支えてきたが、赤字が続き主要取引先との関係も悪化したため打ち切りを決めた。これに伴う損失額は最大で365億円になると想定。18年3月期の連結最終損益は従来予想の黒字から一転して赤字になる。成長市場のインドの足場がぐらつき新興国戦略の見直しを迫られる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]