スバル「感度鈍かった」 社長、国内販売の影響懸念 無資格検査

2017/10/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は27日、都内で記者会見を開き、国内工場の完成検査で社内認定資格を持たない従業員が携わっていた問題を説明した。主なやり取りは以下の通り。(1面参照

――問題点は何だったのか。

「会社として感度が鈍いところがあった。悪意は全くなく、歴史上ずっとこうやり続けてきた。今の時代に何がふさわしいかを見直していきたい」

――吉永社長が問題を認識したのはいつか。

「私に報…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]