/

この記事は会員限定です

IT投資浸透、夜明け近し

ロボで省力化、生産性向上 論説委員長 原田亮介

[有料会員限定]

「ファクスという機械は米国ではスミソニアン博物館の保蔵品になった遺物だ。しかし日本では、いまも会社や家庭の最前線で使われている」

4年前の米ニューヨーク・タイムズの記事だが、状況はそう変わっていない。イベントの出席確認など、ファクスはいまもよく使われている。

「デジタルが苦手の日本」は海外でもよく知られている。コンサルティング会社PwCの世界経営者アンケート調査によると「高度なデジタルスキルがある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン