社外取締役を3分の1以上に 米ISS要求へ

2017/10/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米議決権行使助言会社のインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は、2019年2月にも取締役会の定数の3分の1以上を社外取締役が占めるよう、企業に求める方針だ。対象は指名委員会等および監査等委員会設置会社。特に監査等委設置会社は役員の外部からの起用が増え…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]