消費者物価0.7%上昇 9月、電気・ガス代押し上げ

2017/10/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

総務省が27日発表した9月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100)は生鮮食品を除く総合指数が100.3となり、前年同月比で0.7%上昇した。前年同月を上回るのは9カ月連続。原油価格の上昇を受けて、電気代やガス代などエネルギー関連が上昇した。

上昇幅は8月と同水準で、14年4月の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]