LPG、新型タクシーに戸惑い 低燃費で需要減拍車も

2017/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トヨタ自動車が23日、22年ぶりに投入する新型タクシーを発表した。新開発の液化石油ガス(LPG)ハイブリッドエンジンなど最先端技術を盛り込み、前モデルに比べ燃費性能を大幅に引き上げた。現在、国内のタクシーの約8割はLPGを燃料にするトヨタ車だ。LPG業界からは「需要減に拍車がかかるのでは」との懸念も上がる。

LPGはガソリンに比べ割安で環境への負荷が少ないのが注目され、1960年代からタクシーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]