金融事務 AIが助っ人
リコーリース、与信の判断に/新生銀、振り込み確認

2017/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

金融機関各社が人工知能(AI)を使い、与信業務や振り込み確認など、間接部門のコスト削減に乗り出した。リコーリースは2018年1月、少額のリース案件をAI審査に切り替え、効率化できた分の人手を高額の審査などに振り向ける。新生銀行は子会社のローン事業の振り込み確認でAIを使う。国内金融機関は欧米の金融機関に比べて人件費などのコストが高く、生産性の改善が急務となっている。

中堅リースのリコーリースは与…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]