/

この記事は会員限定です

女形芸者 私の生きる道

女性の格好で踊り・三味線披露 母の跡継ぎ置屋営む まつ乃家栄太朗

[有料会員限定]

男の芸者。そう聞くと、どんな姿を想像するだろうか。女性の芸者を助け宴席を取り持つ、いわゆるたいこ持ちを思い浮かべる人も多いだろう。写真を見てほしい。お座敷をつとめる「女形(おんながた)芸者・栄太朗」、私だ。男性であることを隠さず、女性の格好をして、踊りや三味線を披露している。

* * *

古くは男性が主流

古くは芸者といえば男を指した。江戸時代、お座敷で芸を見せるのは主に男性で、女性のほうが「女芸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン