2017年11月22日(水)

広まれ色覚バリアフリー
地下鉄や病院の表示定着 電子看板や信号、採用へ規格整備

2017/10/26付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 「赤色が黒く見える」「紫と青が区別できない」――。そんな色覚多様性の人たちにも分かりやすい表示にしようと「色覚バリアフリー」の考え方が広まってきた。鉄道や病院など公共施設の表示は随分と変わった。しかし液晶画面による動画表示などには反映されておらず、見分けられない例も多いという。再点検する必要がありそうだ。

 産業技術総合研究所の佐川賢名誉フェローは、高齢者や障害者に配慮した製品設計のあり方を長く研…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報