ボーイング、出荷最高 7~9月
商業航空機、小型けん引 税負担で19%減益

2017/10/26付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【サンフランシスコ=稲井創一】米ボーイングが25日に発表した2017年7~9月期決算で、商業用航空機の出荷が202機と四半期ベースで過去最高を更新した。新設の航空関連サービス部門の売上高は35億ドル(約4000億円)、売上高利益率は14%と高い収益率を記録した。だが、税金など一時的な費用の増加で純利益は2割減となり、市場では同社株の利益確定の売りが広がった。

「737型MAXを24機出荷するなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]