/

この記事は会員限定です

仮想通貨のギモン(3) 税制上は「雑所得」に

繰越控除などの恩恵なし

[有料会員限定]

ビットコインなどの仮想通貨の運用で得た所得を税制上どう取り扱うのか。国税庁は8月に講演料などと同じ「雑所得」として取り扱うとの見解を示した。これまでは株式の売買などと同じ「譲渡所得」になる可能性もあるとみられていた。

税負担大きく

仮想通貨への課税は日本円で仮想通貨を買い、値上がり後に売ったときの利益が対象だ。例えば10万円でビットコインを買い、50万円で売った場合は40万円の利益に課税される。ビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン