/

この記事は会員限定です

医薬・健康、産学で連携 3県協力の枠組みを

富山県立大 榊利之教授

[有料会員限定]

医薬品や医療機器の企業が集積する北陸で産学連携の機運が高まっている。薬効や体内の吸収メカニズムといった分野の研究を中心に県内外の会社と協力してきたのが富山県立大学だ。連携を進めるため、4月には薬の製造や品質管理方法を学ぶ「医薬品工学科」を新設した。同大で産学連携を担う榊利之教授に今後の方向性や課題を聞いた。

――新設した医薬品工学科の狙いは何ですか。

「これまで薬効の調査などの基礎研究で企業と協力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン