「習1強」長期政権へ布石
中国、2期目始動 後継起用せず求心力

2017/10/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】中国の2期目の習近平指導部が25日、始動した。中国共産党のトップである習総書記(国家主席)は、2022年までを任期とする新たな最高指導部に後継候補を入れなかった。権力集中による「習1強」が際立ち、集団指導体制は形骸化に向かう。今世紀半ばまでに世界の強国となる目標の実現に向け、習氏が長期にわたり最高権力を握り続ける可能性が高まった。(関連記事総合1、総合2、国際1面、中国情勢座談

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]