2019年4月23日(火)

商工中金、800人処分
社長が辞任表明、後任は民間から起用 不正融資

2017/10/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府系金融機関の商工組合中央金庫(商工中金)は25日、危機対応業務を巡る不正融資問題の調査結果を中小企業庁に提出した。ほぼ全店で444人、4609口座の不正があった。約800人を処分し、安達健祐社長は辞任の意向を表明。後任は民間から起用する。経済産業省などは2度目の業務改善命令を出した。組織の抜本見直しが求められ、公的金融のあり方を巡る議論に発展する可能性もある。

商工中金は危機対応業務で融資実…

業務縮小求める声必至[有料会員限定]

2017/10/26付

危機対応業務とは[有料会員限定]

2017/10/26付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報