/

この記事は会員限定です

ビットコイン決済で連携

ビットフライヤーと日本ユニシス

[有料会員限定]

仮想通貨取引所のビットフライヤー(東京・港)とシステム開発大手の日本ユニシスが仮想通貨ビットコインの決済サービスで連携する。年内にも日本ユニシスの電子決済サービスでビットコインを利用できるようにし、小売店や飲食店などに導入を働きかける。

日本ユニシスの子会社、キャナルペイメントサービス(東京・江東)が中国の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を国内の店舗で利用できるサービスを提供している。ローソンやドン・キホーテなど1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン