サイバー攻撃を一斉遮断
国・業者、機器乗っ取り対策 インフラ守る

2017/10/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

総務省とNTTコミュニケーションズなど国内のインターネット接続業者は2018年度をめどに、サイバー攻撃(総合2面きょうのことば)を一斉に遮断する仕組みを作る。不正アクセスの発信源となるサーバーを即座にネットから切り離す。ネットは生活に欠かせないサービスとなる一方、重要な社会インフラがネット経由の攻撃にさらされやすくなっている。社会の基盤を守るため、事業者が初めて手を組む。

遮断の対象は「DDoS…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]