/

この記事は会員限定です

フリーテル 折れた二刀流

楽天に売却、端末事業は継続 裏には大手の「格安つぶし」

[有料会員限定]

楽天は9月26日、格安スマートフォン(スマホ)の「フリーテル」を買収すると発表した。買収額は負債を合わせてもわずか36億円と「格安」だ。端末まで自社で作り込む独自路線を武器に、わずか1年ほど前には携帯大手3社を猛烈に追い上げていたはずのフリーテルに何が起きたのか。

広告展開が重荷

「プラスワンからカネが支払われません」。7月末、ある携帯販売代理店の幹部は、部下から届いたメールに目を疑った。フリーテルを展開するプラスワ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン