/

この記事は会員限定です

北朝鮮経済の現状 改革試み底堅い成長続く

「戦時体制」の終結促す必要 三村光弘・環日本海経済研究所調査研究部主任研究員

[有料会員限定]

北朝鮮は1990年代初めの旧ソ連・東欧の社会主義政権崩壊により、それまで所与の前提としてきた政治的、軍事的、経済的な支えを失った。

政治的には東西冷戦終了後の新しい時代に対応しようとしたが、日米との国交正常化を含む安定した国際関係を築けなかった。軍事的には旧ソ連が提供していた「核の傘」を失い、米国との対立を引きずったまま米国単独覇権に立ち向かうことを余儀なくされた。その結果、独力で核抑止力を持つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2847文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン