/

この記事は会員限定です

野党第1党 最小に

立民54議席、占有率は11%

[有料会員限定]

立憲民主党は54議席を獲得する見込みで、野党第1党となる。公示前勢力の15議席から3倍超に議席を積み増したが、野党第1党としては現行の小選挙区比例代表並立制の導入後、過去最小。議席占有率でも11%超と最低を記録する。国会運営では、再び衆院で3分の2の議席を得た自民、公明両党に押される場面も出てきそうだ。

民進党の前原誠司代表は選挙前に希望の党への合流方針を示したものの、一部の前議員が参加しなかった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン