2018年11月21日(水)

フィリピン、素材沸く
サンミゲル系などセメント・鉄増産 インフラ計画が底上げ

2017/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東南アジアで製造業の発展が遅れていたフィリピンで、素材産業が活況に沸いている。セメント業界では大手財閥サンミゲル系などの企業が新工場の建設計画を相次ぎ表明し、製鉄業界にも増産の動きが広がる。2016年に就任したドゥテルテ大統領が大規模なインフラ整備計画を次々に打ち出していることに呼応した動きだ。脆弱な産業基盤の底上げにもつながりそうだ。

首都マニラの北に広がる森林地帯。セメント大手イーグルセメン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

交通網、政策の目玉[有料会員限定]

2017/10/21付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報