/

この記事は会員限定です

地域振興「地方が生き残れる政策を」

[有料会員限定]

人口減少が進む東北では地域の活力をどう維持するかも大きな課題だ。山形市では中心市街地に位置する百貨店、十字屋山形店が2018年1月末で閉店する。七日町商店街振興組合の岩淵正太郎理事長(63)は「かつては大型店が8店あったが、地元百貨店1店だけになる」と寂しさを隠せない様子。「人口減少が進めば郊外大型店も撤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り153文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン