/

この記事は会員限定です

シャイー指揮 ルツェルン祝祭管

実力者結集 貫禄と風格

[有料会員限定]

ルツェルン音楽祭はスイスを代表する夏のフェスティバル。2003年にクラウディオ・アバドの呼びかけで同地に創設されたルツェルン祝祭管弦楽団が、昨年第2代音楽監督に就任したリッカルド・シャイーとともに来日した。

前半はベートーヴェン。「エグモント序曲」は鋭い冒頭和音にずっしりと重い低音が続く。弦を中心にこなれた渋い音がし、後半部も落ち着きと貫禄を保ちつつゆるぎなく進撃する。続く「交響曲第8番」は晴れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン