/

この記事は会員限定です

下水汚泥でバイオマス 中能登町で稼働

北陸電に売電

[有料会員限定]

石川県中能登町が町内の下水処理場に整備した下水汚泥などをバイオマス(生物資源)として処理する施設が19日、本格稼働した。汚泥やし尿、生ごみの混合物をメタン発酵させ、発生したメタンガスを発電などに活用する。

石川県の環境装置メーカーの協力を得て、汚泥の量が少ない小規模な自治体の設備でも効率よくガスを取り出せるようにした。

国の補助を含め14億8千万円で整備し、19日に完成式典を開いた。汚泥をメタン発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン