/

この記事は会員限定です

培養の下準備お任せ ヤマハ発、30分で作業完了

医療機器、急成長の可能性

[有料会員限定]

ヤマハ発動機が医療分野に参入した。電子部品をプリント基板に実装するチップマウンターの技術を応用し、微細な細胞を取り出して培養しやすくする装置を開発した。小さなものを素早く、正確に運ぶ技術をベースに、新分野を開拓する。

ヤマハ発が8月末に第1号機を福島県立医科大学に納入した「セルハンドラー」は、細胞培養で一般的な384個の小さなスペースに小分けされたプレートに、細胞塊を一つ一つ取り分けて入れていく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン