ヤマザキ、総菜の新工場
25億円投じ吉田町に チルドスープ参入

2017/10/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

総菜大手のヤマザキ(静岡県吉田町)は25億円を投じ、吉田町に総菜の新工場を建設する。2018年10月に操業を開始して、生産能力は日産35万食。チルド式のスープの生産を始めるほか、グラタンを3倍に増産する。野菜・生乳の搬入体制を見直して、農業生産者の負担を軽減する。コンビニエンスストアを中心に総菜の需要が拡大するなか、生産体制を質、量ともに増強する。

工場新設は12年の旭川工場(北海道旭川市)以来…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]