2017年11月24日(金)

内部留保 活用探る
金融庁、説明責任など指針策定へ

2017/10/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 日本企業は内部留保をもっと活用すべきか否か。「ため込みすぎ」との批判がくすぶるなか、政界からは内部留保への課税論が浮上している。金融庁は投資家の立場から成長投資へ活用するための指針作りに乗り出す。ただ、400兆円に上る内部留保のすべてがすぐに使えるわけではない。様々な問題をはらんでいるだけに、冷静な議論が必要になる。

 金融庁は18日に開く企業統治改革の会議で指針作りに向けた議論を始める。年内に論…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

内部留保日本企業金融庁



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報