/

この記事は会員限定です

国家の目すり抜けるICO

仮想通貨で資金調達、アジア照準

[有料会員限定]

仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の波がアジアにも押し寄せている。「トークン」と呼ばれるデジタル権利証の価格上昇を狙う投機資金流入は続き、規制を強化する国家を戸惑わせる。

米スタートアップのドラゴンチェーンは10月2日、自社トークン「ドラゴン」の公募売り出しを始めた。米ウォルト・ディズニーが社内向けに開発したブロックチェーン(分散型台帳)技術を応用し、システム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン