/

この記事は会員限定です

東レ、欧州で車材料開発

拠点新設 軽量・電装化に対応

[有料会員限定]

東レは欧州に自動車用材料に特化した開発拠点を新設する。欧州は電気自動車(EV)シフトが鮮明で、電装化に適した材料や鉄鋼に代わる軽量・高強度の素材の需要が高まっている。東レは新素材の採用で先行する欧州で自動車メーカーに密着。繊維複合材から樹脂、フィルムなど素材売りだけでなく、新材料を使った部品設計や加工提案を通した採用を狙う。

ドイツのBMWやボッシュなど自動車関連メーカーが集積するミュンヘン近郊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン