関電、大飯原発2基廃炉へ
採算合わず、大型炉も選別

2017/10/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

関西電力は大飯原子力発電所1、2号機(福井県)を廃炉にする方針を固めた。東日本大震災後、小型の原発の廃炉が進み始めたが、大飯原発のような100万キロワット超の大型の廃炉が決まるのは東京電力福島第1原発を除くと初めて。安全対策の費用が膨らむなか、電力各社はすべての老朽原発(総合2面きょうのことば)の再稼働を前提とせず、大型炉でも採算重視で選別する時代に入る。(関連記事経済面に)…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]