2019年6月27日(木)

中国、陰る長老の存在感
あす党大会 「習氏1強」を象徴

2017/10/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】5年に1度の中国共産党大会の開幕を18日に控え、党長老の存在感がいつになく小さい。前回党大会では1~2カ月前に相次いで姿を見せ、新たに選出する指導部人事へ陰に陽に影響力を行使したとされる。今回の現象には「1強」と呼ばれる習近平総書記(国家主席)の権力基盤の強さを象徴しているとの見方がある。

中国では引退した最高指導部(政治局常務委員)経験者らが長老と呼ばれる。9月下旬、中国メデ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報