/

この記事は会員限定です

患者ロボ使い 介護・医療磨く

高齢者や赤ちゃん再現

[有料会員限定]

患者そっくりのロボットや人体模型を開発し、介護機器の性能向上や手術の練習に生かす試みが始まった。産業技術総合研究所や早稲田大学、名古屋大学などが精巧なつくりの「人体」をそれぞれ試作した。体にかかる負担を様々なセンサーで感じ取り、医療や介護の質を高める手立てを探る。

産総研の松本吉央研究チーム長らは、ベッドやリフトなど新しい介護機器の使い心地を高齢者に代わって試すヒト型ロボットを開発した。

60代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン