/

この記事は会員限定です

氷点下でも凍らない水 どろどろの仕組み解明

阪大・名大

[有料会員限定]

大阪大学の金鋼准教授と名古屋大学の川崎猛史助教らは、氷点下でも凍らない「過冷却水」が温度が下がるにつれ、粘度が増してどろどろになる仕組みを明らかにした。水分子同士の結びつき方をコンピューターで解析したところ、柔らかい部分と固い部分が混在しながら、次第に分子同士の結合が強固になっていった。

水は「水素結合」と呼ぶ電気的な偏りで分子同士が緩やかに結びついている。常温の液体の状態では、結合が簡単に切れた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン