2019年2月21日(木)

氷点下でも凍らない水 どろどろの仕組み解明 阪大・名大

2017/10/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大阪大学の金鋼准教授と名古屋大学の川崎猛史助教らは、氷点下でも凍らない「過冷却水」が温度が下がるにつれ、粘度が増してどろどろになる仕組みを明らかにした。水分子同士の結びつき方をコンピューターで解析したところ、柔らかい部分と固い部分が混在しながら、次第に分子同士の結合が強固になっていった。

水は「水素結合」と呼ぶ電気的な偏りで分子同士が緩やかに結びついている。常温の液体の状態では、結合が簡単に切れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報