2017年12月11日(月)

ファストリ最高益 前期1192億円 2期ぶり、海外事業伸びる

2017/10/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 ファーストリテイリングの業績が復調している。12日発表した2017年8月期連結決算(国際会計基準)は純利益が前の期比2.5倍の1192億円。中国や東南アジアで衣料品店「ユニクロ」の販売が伸び、値上げ戦略などに失敗した前の期から2期ぶりに過去最高を更新した。今期も海外事業が利益をけん引する見通しだ。

 「リスクはない」。海外事業について、柳井正会長兼社長は会見でこう言い切った。東南アジアやオセアニア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

増益ユニクロファーストリテイリング柳井正



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報