/

この記事は会員限定です

アパレル大混戦(下) 百貨店頼み、大手落日

潤沢な資産、改革鈍らす

[有料会員限定]

東京都港区の東京ミッドタウンから徒歩10分弱。再開発が相次ぐエリアで不動産業界の注目を集めるビルがある。アパレル大手の三陽商会が取引先向けの展示会を開く自社ビル「青山ビル」だ。

2016年12月末時点の帳簿価額は約32億円だが、売却すれば取引額は100億円にのぼるとの見方もある。三陽商会は英「バーバリー」ブランドを15年に手放してから深刻な販売低迷に苦しみ、17年12月期の連結純損失は13億円と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン