2017年12月19日(火)

高齢化伝承が課題 原爆投下72年 「語り部」存続難しく

2017/10/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 核兵器廃絶に向けた運動のなかで日本の被爆者らは大きな役割を果たしてきた。しかし原爆投下から72年が過ぎ、被爆者の高齢化は着実に進んでおり、歴史の伝承が大きな課題になっている。

 厚生労働省によると、被爆者の2016年度末の平均年齢は81.41歳。人数は約16万5千人で、1980年度末の約37万2千人の半数以下だ。

 遺骨の引き取り手も途絶えて久しい。広島平和記念公園の原爆供養塔に納められた遺骨は約7…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報