2017年12月18日(月)

平和賞、核拡散に危機感 ICANにノーベル賞 北朝鮮を名指し

2017/10/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【ジュネーブ=細川倫太郎】今年のノーベル平和賞が、核兵器の非合法化と廃絶を目指す非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に授与されることが決まった。北朝鮮が6回目にして過去最大規模の核実験に踏み切り、米朝対立の行方次第では核兵器が使用される危険さえ出てきた。ノーベル賞委員会は6日、北朝鮮を名指しして核拡散への危機感を示した。(1面参照)

 世界各地の反核団体などと連携するIC…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報